ホーム » 未分類 » efoのレポート機能について

efoのレポート機能について

エントリーフォームにefo対策を実施したら、対策が有効に機能しているかモニタリングする必要があります。そのためにefoレポート機能があります。複数のエントリーフォームに対して、各フォームの成績を期間別、入力項目別、ブラウザ別に分析したり、ユーザーが入力ミスや離脱をした項目を確認したり事で、エントリーフォームのコンバージョンレートを高めるために改善につなげることができます。

efoレポート機能には、管理者のオペレーションを支援する機能も充実しています。例えばグラフ等でレポート結果をビジュアル的に表示する機能や、問題点を視覚的にとらえられる機能もあり、efoの改善活動にレポートを有効に活用できるような機能が充実しています。

期間別にフォームへの訪問数、入力数、離脱数を確認することができます。広告宣伝効果等の外的要因による影響を分析することができます。また、項目別にフォームの入力数、エラー率、離脱率などを確認することができます。エラー率と離脱率から、フォームの問題の大きい項目を発見することで、離脱原因を特定してユーザビリティーを改善し、離脱率を低減につなげることができます。また、フォームへの訪問数、入力数、離脱数をブラウザ別に確認することもできます。