ホーム » 未分類 » efoの入力を支援する機能

efoの入力を支援する機能

efoには基本的な対策があります。まずは基本対策を理解して、現状のフォームをチェックする必要があります。

まず無駄な入力項目が無いか確認します。項目が多くなると、入力完了するためにスクロールが必要になり、さらに増えるとスクロールバーはどんどん長くなります。結果ユーザーのモチベーションが下がり離脱の原因となります。不要な項目は削除して最低限必要な項目だけに絞り込む必要があります。また、郵便番号や電話番号の入力ボックスが分割されているケースがたまに見受けられますが、ユーザーアクションが増えるのでやめた方がいいです。

次に、半角・全角の入力ミスは、ユーザーのエラーのなかでもっとも多いミスです。システム的にいずれかの入力を要求する必要がある場合は、自動的に半角に変換するなどの仕組みを導入する方法もあります。全角の場合も同様です。さらに、入力ボックスには記入例を記載するようにします。記入例ないとどのように記入するのかわかりづらくなり、やる気をなくします。そして、必須項目は、※印などで表示せずに必ず「必須」と表示します。ユーザーに直観的に理解してもらうために必要です。

最後に、入力途中でも、各入力フォームに問題なく入力できていることを表示することも有効です。OK、NGやチェックマーク等を表示することで、ユーザーがどこまで問題なく入力できているのかすぐにわかるため、最後まで入力してからエラーで手直しする必要が無くなります。